最新アトピー治療 ドクターマセソン来日講演会 東京 11月26日(土)10時〜16時

ドクターマセソン来日講演も今年で第10回を迎えます。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。おそらく、今年が最後の来日公演になると思います。
*上記は2015年大阪での講演会の写真です。


アトピーを長期に抱え、苦難を抱えている方へ ご家族のみなさまへ

あなたは間違っていない!ただ、日本の医療の説明モデルが発展途上であるだけだ。たとえ今、ひどい苦痛に直面しているとしても自分を責めてはいけない!自分を一番大切にすることからはじめよう。
日本ではアトピー患者は、長期間症状が改善せずに学業や仕事、日常生活に甚大な支障をきたす患者が多く深刻な社会問題となっています。問題なのは医療側の治療方針と患者側のニーズの間にずれがあることであり、患者は自分を責める必要はないのです。

アメリカの最新アトピー治療
来日医師「ドクター、ロバートマセソン」 ポートランドオレゴン州、オレゴンメディカルリサーチセンター 米国皮膚科学会認定医、臨床研究を30年以上 日本人アトピー患者に15年以上治療を施している。患者それぞれの原因を調べ、バクテリア感染や空気アレルギーなど原因を一つずつ治療していく。

講師「明石郁生」は18歳から36歳まで重度のアトピーに苦しみ、1999年にマセソン医師のアトピー治療を受けて完治。以降、アトピー・アソシエイションジャパンを設立 アメリカ医療と日本のアトピー患者との「共同治療研究」体制を続けている。

開催に際して、本情報を必要としておられる全国の患者さん、ご家族にホームページ等を通じて情報を発信しております。情報を必要とされている方、ご家族をご存知のかたはぜひご案内をしていただけると助かります。

今後も継続できるようなレクチャー、ミーティングに育てていければと考えております。どうぞよろしくおねがいします。医療従事者、心理臨床家、社会学等を学ぶ学生さんの参加も歓迎しております。*マセソン医師、講師へのご取材等は事前にご連絡をおねがい致します。


 

日時:11月26日(土)10時〜16時 (9時30分開場)
会場:リージャス・イーストサイドスクエア B1F (リージャスカンファレンスセンター)
http://www.shinjuku-eastside-square.jp/access.html
東京都新宿区新宿 6-27-30 新宿イーストサイドスクエア B1F

参加費:治療後の方、新規の方、ご家族、ともに無料です。
(ご予約は必要です)

予定プログラム:

10時開演:

1,Opening speech – Dr. Matheson マセソン先生ご挨拶

Opening speech – Kohei Takazawa 高沢晃平さんご挨拶
Oregon Medical Coordinators LLC., company introduction

Opening speech – Akashi Ikuo   明石郁生挨拶
Atopy Association Japan introduction (Akashi)

2,What’s New:

New systemic Therapies for AD :最新アトピー治療

Dupliumab Phase 3  :デュプリマブ 治験フェーズ3
Other systemic therapies for AD in development:その他の治療
Topical therapies for AD in development:

3,Treatment strategies for AD patients in the US:アメリカでのアトピー治療戦術(お子さんの治療についても少し触れる予定です)

4,FAQ:よくある御質問  日本の患者様からよく聞かれる質問をドクターが答えてくれます
How can I predict if I might be in the 5% of patients who struggle to stabilize? Is there anything I can do to prevent this?:
自分が難治例の5%であるかもしれないかどうかはどのように予測することができますか?
私はこれを防ぐために何かできることはありますか?

Will Dr. Matheson be using Dupliumab to treat Japanese patients?:
マセソン先生は日本人患者さんのためにデュプリマブを使いますか?

What is the proper use of topical steroids?:
ステロイドの適切な使用とはどのようなことですか?

5,Case Study:ケーススタディ お二人
Patient 1 –   Patient 2 –

お昼休み 12PM ~ 1PM

6,Namiko Takazawa, Video Skype

7,Dr. Matheson, Dr. Shirasawa, Kohei, Akashi; Discussion panel:オープンディスカッション
Thoughts on US vs Japanese treatment:日本のアトピー治療とアメリカのアトピー治療の違いについて考察します。
Dupliumab progress in US vs Japan:デュプリマブ治療のアメリカの進捗と日本
Future treatments for Atopy:将来的なアトピー治療について

8,New patient questions/discussion, work shop:
新規の患者さんのためのご質問、グループディスカッション、参加して頂いている患者様にもご参加して頂き、みんなでお話合いをします。

9,Patient testimonials:渡米治療を終えた方達が治療前・治療後のお話をしてくれます。

10,4時終了 〜がやがやタイム:会場を片付けながらみんなフリータイムで我々とお話したり、渡米治療を終えた方達と相談したりの時間です。

 

第10回ドクターマセソン来日講演  東京の参加申し込みはこちらからお願い致します!

*当日は、受付にて申し込み返信のプリントアウトまたは、携帯、スマホ等の画面をお見せください。お申し込み確認の入場証とさせていただきます。お連れ様、ご家族のご参加の場合は、お申し込みの方がその旨をおっしゃってください。


*お席は100席を用意しておりますがお早めにお申し込みをしていただけると助かります。

治療後みなさんへ: ドクターマセソン来日講演も今年で第10回を迎えます。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。おそらく、今年が最後の来日公演になると思います。
最近のお写真をプリントアウトして1~2枚お持ちください。アルバムにしてドクターにプレゼントしたいと思います。*ドクターがとても楽しみにしております。ご協力いただけると幸いです。

当日の準備や片付けをお手伝いくださるボランティアを募集します。メールをいただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

*当日は事務局スタッフがホームページ等資料用に撮影を行います。個人情報に配慮して行います。ご理解ご了承いただけると助かります*講演内容、ケースシェア内容等のビデオ撮影、写真撮影は禁止とさせて頂きます。

OMC/アトピーアソシエイション・ジャパン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_3406

2015年大阪講演内容:

10時~ ドクターマセソンアトピー治療レクチャー
・ドクターからの挨拶
・明石挨拶

10時~12時 ◉What’s New 最新アトピー治療
・最新のアトピー治療 Dupliumab、アトピー用新薬モノクローン抗体投与、新情報など)
・Q&A良く聞かれる質問

1,長い間、内服ステロイドを飲んでいたケースと軟膏を使用していたケースのアプローチの違いとは?
2,デュプリマブが臨床にではじめてからの治療プログラムについて?
3,日本の患者を診察して、最近の5年、10年で症状などに変化はありますか?
・ケーススタディ1: *ドクターマセソンが2名の患者さんの治療経緯を解説されます。
・ケーススタディ2:

12時~13時 お昼休憩 (ダスキン、埃掃除・カビ・アトピーとの関連性)

13時~ 14時◉OMC、AAJ
・OMC 新ケアホーム、治療へのステップ、チームワークなど今後の治療プログラム体制のご案内
・アトピー治療後、心理ケア・グループシェアリングのご案内

14時~14時50分◉シンポジウム、ディスカッション
マセソン先生、高沢晃平・明石郁生・日本の医療者

・デュプリマブ 治療の今後
・セルフケアのおさらい、
・治療後の難治例 対処ケース
・患者さんの治療体験談

★15時~15時45分 新規の患者さん、ご家族からのご質問
・治療前の患者さんの声:
・日本でのアトピー情報が多すぎて、何が自分に良いのかわからない
・治療後、自分が難治例に入ってしまったらどうしよう
・アレルギー注射の継続、

16時終了
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

ご案内カテゴリーの記事

コメント

  1. 治療後の方へ ドクターへのプレゼントご協力のお願い!

    ドクターマセソン来日講演も今年で第10回を迎えます。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。おそらく、今年が最後の来日公演になると思います。

    治療後のお写真をプリントアウトして1~2枚お持ちください。当日、アルバムに貼っていただいて、ドクターへのコメントをお書きください。

    アルバムにしてドクターにプレゼントしたいと思います。患者からの感謝の気持ちとしてプレゼントしたいと思っております。
    どうぞよろしくお願い致します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA