9月25日(日)最新アトピー治療ワークショップ行いました。

日曜日は、ようやく雨も上がり、おひさまがのぞきましたが、夏再到来の気候でした!
私自身がリバウンド〜日本型のアトピーから回復して、「1%の奇跡」を出版させていただいたのが、2006年。その年からマセソン先生が日本講演に来てくださいました。今年で10回目になります。

私が行ってきた最新アトピーワークショップは、2000年ごろから、試行錯誤で行ってきました。もう何回目か数えていませんが、さまざまなことがありながらも、たくさんの人に支えられて続けてこれました。

毎回、患者さん、ご家族に直接お会いして、お話をうかがっています。

それは、私が日本で治療を始めた頃、ただただステロイド軟膏を使用するように指示されて12年間、怖くなって、ステロイド軟膏を止めて、あの恐ろしいリバウンドを経験した頃、とあまり変わっていないことに憤りを感じます。「この軟膏で様子を見て」。

学生、社会人、廃人、その後、回復、そこから社会人として働くこと、家族とともに過ごすことをやりなおしてきました。

日本でアトピーに関する活動をする難しさ、出る杭は打たれる、誤解される、

小さなワークショップを開催するにも、偏見の中で情報が必要な方にご案内を届けるのはとてもとても難しく、会場や参加人数、日時の予定が立てにくく。

さりとて、目立つ広告をだしてアトピービジネスと思われるのは、本意ではない。

 

 

img_3529

 

毎回、ご縁の合った方に、
0、明石が今の活動をしている経緯
1、日本のアトピー患者と家族の状況
2、なぜ渡米治療なのか?マセソン先生のアトピー治療概要
3、日本とアメリカの免疫療法違い、ステロイドの違い
4、アメリカ治療プログラムの概要説明 メリットとリスク

を中心にマセソン先生から学んだ内容を、ゆっくりお話しています。

次回は、10月30日(日)に行う予定です。

ご案内カテゴリーの記事