News&Topics

米国でのアトピー性皮膚炎治療重要点は?

2016年11月ドクターマセソンのレクチャーから最新アトピー治療についてすこし引用します。

What is the primary focus on treatment of Atopic Dermatitis in the US?
米国でのアトピー性皮膚炎治療重要点は?

1,患者の細かいアトピー過去歴を入手…発症年齢、炎症のタイプと箇所、治療過去歴と生活環境

2,患者の皮膚炎タイプ、重症度と箇所を診察:
・過去歴、経験とアレルギー検査を基にトリガーを探す
・患者へスキンケアプログラムの教育を始める、クレンジング、皮膚水分補給入浴、皮膚バリアの維持とハイター風呂

3,重症度の炎症には全身投与薬は注射か経口薬で投与、
・強いステロイド外用剤を塗布している日本人患者であれば、リバウンド治療プログラムが必要。
・細菌からの感染を起こしている場合は皮膚と鼻の穴も治療
・イミュノセラピー(アレルギー免疫療法)を開始

ーーーーーーーーーーーー

患者さんごとの症状を慎重に診察し、患者さんごとの原因を特定しながらカスタマイズされた治療をすすめていきます。
「この軟膏をで様子をみて」とはまったく異なります。

最新アトピー治療ワークショップ3月5日(日)茅ヶ崎 http://a-association.com/522
では、マセソン先生に学んだことを、体験的な情報として、

日本のアトピー患者と家族の状況、日本とアメリカのアトピー治療、アレルギー免疫療法違い、
ステロイドの違いなど質疑応答を中心に時間を使いたいと思っております。

本情報が必要な方に届くように祈ります。

明石郁生

ピックアップ記事

  1. 最新アメリカアトピー治療 Dr.Mathesonアトピー治療研究会 ワークショ…
  2. アメリカアトピー治療教育ガイド 2017 Dr.Mathsonアトピー治療
  3. 経緯や立場を越えて、アトピー医療・ケアの本質にむかってともに歩むことの出来る、友…
  4. 「アトピーの病因をめぐる言説ー朝日新聞記事の分析よりー」 駒田安紀さん
  5. ステロイドについていま書きたいこと、その2:治療機会に挫折するアトピー患者〜日本…

関連記事

  1. News&Topics

    最近良くあるご質問です。アメリカのアトピー治療のデメリットとは?

    アメリカの医師の治療を選択するということに関するデメリットというよりリ…

  2. News&Topics

    ドクターマセソンアトピー治療プログラム 2017年夏時期のご案内

    10月チーム10月24日(月)治療スタート11月23日…

  3. News&Topics

    アトピー症状=すべてアレルギーではありません。日本では、混在した印象を受けます。

    アトピー症状=すべてアレルギーではありません。日本では、混在した印象を…

  4. News&Topics

    ドクターマセソン最新アトピー治療プログラム〜自己免疫疾と表皮バリア疾患〜2016講演会より報告

    患者さんからお聞きする日本でのアトピー治療の現状は、私が苦闘していた1…

  5. News&Topics

    サノフィ 成人アトピー性皮膚炎治療薬デュピルマブを国内申請

    4〜5年前からドクターマセソンに教えていただいていた最新アトピー治…

最近の記事

最近の記事

  1. 個別カウンセリング、グループセミナーの再開を準備しています。…
  2. 活動方針について 2018.0608
  3. 最新アトピー治療ワークショップ@麻布十番 6月23日(土)1…
  4. 最新アトピー治療ミーテイング、AA-J活動方針更新のお知らせ…
  5. ステロイドについていま書きたいこと、その2:治療機会に挫折す…

アーカイブ

  1. News&Topics

    最新アトピー治療ワークショップーDr.Mathsonアトピー治療・合同インフォー…
  2. News&Topics

    アメリカでのアトピー患者さん治療法 2016ドクターマセソン講演
  3. News&Topics

    ドクターマセソン最新アトピー治療プログラム〜自己免疫疾と表皮バリア疾患〜2016…
  4. News&Topics

    活動方針について 2018.0608
  5. AA-J奮闘日誌

    ステロイド軟膏についていま書きたいこと。
PAGE TOP