最新アトピー治療 ドゥプリマブ第3フェーズ ニューイングランド・ジャーナルオブメディソン

2016年ドクターマセソンプレゼンテーションから「ドゥプリマブ第3フェーズ ニューイングランド・ジャーナルオブメディソン」をシェアしまます。


What’s New: New Systemic Therapies for Atopic Dermatitis

最新医療情報:アトピー性皮膚炎、最新全身療法

Dupilumab Phase 3 New England Journal of Medicine 9. 30. 2016

ドゥプリマブ第3フェーズ ニューイングランド・ジャーナルオブメディソン

Dupilumab is human monoclonal antibody against interleukin-4 and interleukin-13 cytokines which are considered drivers of atopic or allergic disease such as atopic dermatitis.
Produced by Sanofi and Regeneron Pharmaceuticals

ドゥプリマブはアトピー性皮膚炎やアレルギー疾患の原因と思われるインターロイキン4とインターロイキン13のサイトカインに対するモノクローン抗体です。

ソノフィーとリジェネロン製薬会社が製造しています。



Phase 3 trials in North America, Europe & Asia.

1379 patients with moderate (50%) or severe (50%) Atopic Dermatitis

Two identical trials (SOLO 1 and SOLO 2) received Dupilumab 300 mg weekly, every other week, or placebo 1:1:1

・第3フェーズ実地、北米、ヨーロッパとアジア

・1379名の患者、中等度(50%)から高度(50%)アトピー性皮膚炎

・二つ同様実地(SOLO1とSOLO2)ドゥプリマブ投与を1週間300mg、1週間置きに300mg、もしくは偽薬で割合が1:1:1


Measurements:
Disease Severity by Physician:
Global (IGA)
Eczema Area and Severity Index (EASI)
Disease Severity by Patient
Itch, Sleep, Anxiety, Depression, Quality of life

測定:
・疾患重症度の医師判断
・グローバル(IGA)
・炎症箇所と重症度(EASI)
・疾患重症度の患者判断
・痒み、睡眠、不安度、鬱、生活の質





 

 

ご案内カテゴリーの記事