最新アトピー治療 ドクターマセソンアトピー治療研究会 CSPP東京キャンパス 7月30日(日)13時〜17時

アトピーを長期に抱え、苦難を抱えている方へ ご家族のみなさまへ

あなたは間違っていない!ただ、日本の医療の説明モデルが発展途上であるだけだ。たとえ今、ひどい苦痛に直面しているとしても自分を責めてはいけない!自分を一番大切にすることからはじめよう。
日本ではアトピー患者は、長期間症状が改善せずに学業や仕事、日常生活に甚大な支障をきたす患者が多く深刻な社会問題となっています。問題なのは医療側の治療方針と患者側のニーズの間にずれがあることであり、患者は自分を責める必要はないのです。最適な医療を選択する患者の尊厳を援助したいのです。

アメリカの最新アトピー治療
来日医師「ドクター、ロバートマセソン」 ポートランドオレゴン州、オレゴンメディカルリサーチセンター 米国皮膚科学会認定医、臨床研究を30年以上 日本人アトピー患者に15年以上治療を施している。患者それぞれの原因を調べ、バクテリア感染や空気アレルギーなど原因を一つずつ治療していく。

講師「明石郁生」は18歳から36歳まで重度のアトピーに苦しみ、1999年にマセソン医師のアトピー治療を受けて完治。以降、アトピー・アソシエイションジャパンを設立 アメリカ医療と日本のアトピー患者との「共同治療研究」体制を続けている。

開催に際して、本情報を必要としておられる全国の患者さん、ご家族にホームページ等を通じて情報を発信しております。本情報を必要とされている方、ご家族をご存知のかたはぜひ転送、シェア、ツイート、ご案内をしていただけると助かります。

継続的な研究会・セミナーに育てていきたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。医療従事者、心理臨床家、臨床心理学、社会学、医療・看護学等を学ぶ学生さんの参加も歓迎しております。


【日 時】2017年7月30日(日)13時〜17時 (12時30分開場)

【ファシリテータ】明石郁生 家族とAC研究室 臨床心理士

【会 場】CSPP アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院 日本校 教室
東京都千代田区外神田6-14-3 神田KSビル 6F  http://www.csppjapan.com/contact&access/access.htm

*日曜日のためビルの正面玄関の自動ドアが外からは開かなくなっているそうです。
ビルに面して左側の通路を入って来て、奥の通用口のドアから入ると
すぐにエレベーターがあります。そこから6階へお越し下さい。

【定 員】30名(定員になり次第締切とさせていただきます。)

【参加費】
一般参加: 10,800円
学生割引: 6,400円(要学生証)

*治療後の方とご家族:無料
当日の準備や片付けをお手伝いくださるボランティアとシェアボランティアをお願いできるとたすかります。事前にメールでお名前、参加人数、治療チームをお知らせください。例)2006年5月チーム

 

参加ご予約をこちらからお願い致します。



*会場の都合上、席に限りがありますので、定員になりしだいしめきりとさせていただきます、あらかじめご了承ください。

 

【予定プログラム】:

1,日本のアトピー患者の状況

2,ドクターマセソンアトピー治療概要
・日本とアメリカのステロイドの戦術と内容の違い、アレルギー免疫療法違い
・アメリカ治療プログラムの概要説明:メリットとリスク
・難治化例への対処方法:日本のステロイド軟膏〜リバウンド状態からの脱プログラム

3,最新アトピー治療薬デュプリマブ(抗IL4とIL13):ドクターマセソン治験資料より
・ネモリズマブ(抗ILー31):ドクターマセソン治験資料より
・クラッシック治療(これまでのドクターマセソンアトピー治療)とデュプリマブの関連

4,Case Study:ケーススタディ 概要

5,オープンディスカッション:
・日本の医療者、明石で日本のアトピー治療とアメリカのアトピー治療の違いについて
・Dupliumab progress in US vs Japan:デュプリマブ治療のアメリカの進捗と日本
・Future treatments for Atopy:将来的なアトピー治療について など

6,Patient testimonials:渡米治療を終えた方の治療前・治療後のシェア

 


 

*当日は事務局スタッフがホームページ等資料用に撮影を行います。個人情報に配慮して行います。ご理解ご了承いただけると助かります

OMC/アトピーアソシエイション・ジャパン

ご案内カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA