News&Topics

活動方針について 2018.0608

AA-Jは患者が体験をシェアする場として活動をはじめてきました。
そのような場がなかったからです。
私の姿勢は、日本の環境で起こったこと、患者さんの状態などについて私ができる学術的な論述をまとめるトライをしてきました。その活動をもとに以下の3つの論文を発表させていただきました。

論説
「明石郁生:アトピー性皮膚炎患者の心理的社会的葛藤におけるナラティヴ・アプローチの有効性の検討  ファミリーチャイルドセラピー No4.Sept.2010」
「明石郁生:ナラティヴ・アプローチによるアトピー患者の心的外傷への接近 ファミリーチャイルドセラピー  No.6 Sept.2012 」
「明石郁生:アトピー患者への心理臨床の取り組み ファミリーチャイルドセラピー No.7 Oct.2013」

以降、どのように潜在的な患者さんに適切な医療を提示できるか、同時に、心理臨床家として皮膚医療ととどう提携できるか(リエゾン)を学術的に提示したいという関心についてワークショップや個別のサポートをしてきました。

もとアトピー患者であることは、そのうえで臨床心理士として専門家活動をすること、また、日本においてアトピーについての活動をすることは、いわゆる「アトピービジネス」として誤解を生じることが少なくなく孤独を感じる過程でありました。私にとっては、ひとりの体験者から専門家へ移行する、私自身の成長のプロセスだと思いとりくんできました。

ヒフ科臨床において、新薬の効果が、必要としている患者さんに適切に施される機会が、開くことを切に希望します。

 

 

ピックアップ記事

  1. アメリカアトピー治療教育ガイド 2017 Dr.Mathsonアトピー治療
  2. ステロイドについていま書きたいこと、その2:治療機会に挫折するアトピー患者〜日本…
  3. アトピーを長期に抱え、苦難を抱えている方へ、 ご家族のみなさまへ 標準治療の水面…
  4. “ステロイドを使いなさい”という医師と、 “…
  5. 「アトピーの病因をめぐる言説ー朝日新聞記事の分析よりー」 駒田安紀さん

関連記事

  1. News&Topics

    今の私の実践の、ひとつの到達点は、感謝。

    私は、自身のアトピー、喘息の回復、その後、家族機能からの心理的な影響を…

  2. News&Topics

    ドクターマセソン最新アトピー治療プログラム〜自己免疫疾と表皮バリア疾患〜2016講演会より報告

    患者さんからお聞きする日本でのアトピー治療の現状は、私が苦闘していた1…

  3. News&Topics

    アトピー症状=すべてアレルギーではありません。日本では、混在した印象を受けます。

    アトピー症状=すべてアレルギーではありません。日本では、混在した印象を…

  4. News&Topics

    2017年 治療プログラム・スケジュール

    2016年講演会以降、スローダウンしたペースでの治療プログラムとなりま…

  5. News&Topics

    ドクターマセソンアトピー治療プログラム 2018年スケジュール 速報!

    1月22日(月)~2月22日(木)2月26日(月)~3月29日(木…

最近の記事

最近の記事

  1. 活動方針について 2018.0608
  2. 最新アトピー治療ワークショップ@麻布十番 6月23日(土)1…
  3. 最新アトピー治療ミーテイング、AA-J活動方針更新のお知らせ…
  4. ステロイドについていま書きたいこと、その2:治療機会に挫折す…
  5. 最新アメリカアトピー治療 Dr.Mathesonアトピー治…

アーカイブ

  1. News&Topics

    2017年最新アトピー治療プログラム
  2. News&Topics

    夏季休暇 8月4日〜19日 2016年
  3. News&Topics

    ドクターマセソン最新アトピー治療プログラム〜自己免疫疾と表皮バリア疾患〜2016…
  4. News&Topics

    ケアホーム治療滞在人数が2名となりました。
  5. AA-J奮闘日誌

    ドクターマセソン最新アトピー治療・共同臨床研究の節目 11月24日
PAGE TOP